成年後見業務から遠ざかる

いろいろと悩んだ末、年度の切り替わりを機にヒルフェを退会することにいたしました。これまでも不満が溜まっていたのですが、研修のことなどもあって我慢の限界を超えてしまったようです。
 
これで、実務経験を積むことができる環境からは遠ざかってしまいました。しかし、ヒルフェの会員でなければできない業務というわけでもないので、今後も勉強は続けていこうと考えています。
 
自分でも本を読むなどして、教科書レベルの知識は身につけたつもりです。相続業務などの中で質問をされても、ある程度のことならば答えることができるでしょう。勉強を始めたきっかけはヒルフェの研修ですから、その点については感謝しております。
 
0424kouken

専門サイトにおける成年後見の解説もだいぶ進んできました。
 
5か月ほど前の記事にも書いたとおり、行政書士が成年後見の分野に進出することには、それなりの意味があると考えておりますので、これからも何らかの形で成年後見の分野に関わっていけたらと思っています。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「仕方ないね」と思ったら

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……