個人を特定できる情報

「fecebookなどで生年月日を公開するのは危険」という記事を目にしました。
 
これまでは、とくに隠す理由もなかったので公開していました。私はどちらかというと「長幼の序」を重んじるタイプなので、相手の年齢がわかっていたほうが付き合いやすいですし。もちろん、相手が年下だからといって、いきなりいばるわけではありませんが。
 
0427birth

それはともかく、生年月日の公開がなぜ危険なのかというと、クレジットカードの所有者確認などに使われることがあるからなのだそうです。
 
そういえば、販売店で働いていたころに、レジからカード会社に連絡をすると、確認のために利用者の生年月日を聞かれることがありました。身分証を見せてもらうことはなかったので、「現にカードを持っている」ことと「生年月日を知っている」ことだけで、そのカードを利用できることになるようです。
 
考えてみると、ほかにも危険なことはありそうです。心配になったので、私も生年月日を非公開にしました。これで中身のない誕生日の挨拶もなくなるでしょうから、一石二鳥かなと思っております。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「たしかにね」と思ったら

父親に「遺言書いて」と言えない方に……


『相続川柳』を読むとなぜ遺言を書いてみる気になるのか、解説動画をYouTubeに投稿してみました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……