アナログ新聞の大切さに気づく

福島に来ても、あいかわらずインターネットに頼った生活をしています。
 
そんなわけで、「無駄にfacebookを開いてしまう……」という記事を書きかけたのですが、よく考えたら連休中にも同じような記事を書いたばかりでした。それほど変わらないということでしょうか。
 
テレビはまったく必要ないので、台を作業机にしてみました。
 
0523net

現在では、テレビをクローゼットの中に収納したため、足下にも余裕があります。
 
新聞については、それこそインターネットだけでもなんとかなるのかもしれませんが、これまでネットのニュースを読む習慣がなかったせいか、ほとんど情報を取り入れなくなってしまいました。週刊の中学生新聞だけでは心もとないので、こちらについては少し考えたほうがよさそうです。
 
家に紙媒体の情報が定期的に届けられると、とくに興味がなくてもなんとなく目を通します。やはり、これからも紙の新聞というものが完全になくなることはないのではないかと感じました。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「そうかもね」と思ったら

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……