Macの持ち運びを考える

9月の中旬までは福島で生活していきますが、原発賠償の相談担当などもありますので、月に一度は東京に戻る予定です。
 
そうなると、Macを持ち運ぶ機会も増えるでしょう。
 
0524mac

福島まではスクーターに積んできました。
 
ただし、日常的に持ち運ぶわけではありませんので、重さよりも性能を優先してMacBook ProのRetinaモデルがよいのかなという考えに至りました。これならば、福島での作業も快適に進めることができそうです。
 
しかし、よくよく考えてみると、これまでMacBook Airを母艦として、それでもなんとかやってくることができました。それならば、これからもAirでなんとかなるのかもしれません。持ち運びに関しては、こちらのほうが楽なのも確かですし。
 
やはりもうしばらくはAirを使うべきなのでしょうか。ただ、円安が進むと輸入品の値段は上がってしまうので、為替の動き次第では早めの買い替えという選択もあるのかなという気はしています。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「欲しいだけだろ」と思ったら

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……