被災地を忘れない

10日ほど前になんとなく買った本を読んでみました。
 

 
「どこかの首長が震災で奥さんを亡くした後も公務優先で動いていた」という話は、ニュースなどでなんとなく聞いたことがあります。ただ、それが陸前高田市の市長だったことまでは覚えていませんでした。
 
また、「奇跡の一本松」はそれなりに話題になっていましたので、その存在自体は知っていました。こちらは「陸前高田」という単語とセットで何度も耳に入っているはずなのですが、それがどのへんにあるのかということは、正直いってよくわかっていませんでした。
 
あらためて調べてみたところ、陸前高田市は気仙沼市に隣接していることがわかりました。両市役所の距離は15kmくらいでしょうか。正確な数字はともかく、震災のあった年の9月には、すぐ近くまで行っていたということです。
 
0723kesennuma

当時はまったく意識していなかったような気がします。
 
出版から2年近く遅れてしまったものの、「被災地を忘れないでほしい」という市長の思いは伝わってきました。私の中で陸前高田市の存在感がだいぶ強くなりましたので、いつか奇跡の一本松を見に行きたいと思います。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「忘れるなよ」と思ったら

父親に「遺言書いて」と言えない方に……


『相続川柳』を読むとなぜ遺言を書いてみる気になるのか、解説動画をYouTubeに投稿してみました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……