ソーシャル倦怠期

facebookの「いいね!」などは、同意や共感を表すだけでなく、「読みました」という意思を表すためにも利用されているようで、「部下に『いいね!』を強要する上司」みたいな見出しを見たこともあります。
 
まあ、さすがにそんな上司は少なくなっているのでしょうが、他人の投稿への反応を面倒に感じている人はけっこういそうです。「友達」が多くなるほど作業は増えますから、SNSに疲れている人がたくさんいてもおかしくありません。
 
そんなことを考えて、昨年の秋に「ソーシャル倦怠期」という言葉を考え出してみました。
 
0727sns

「ソーシャル」は「SNS」のことです。「マスメディア」から「メディア」だけ抜き出してしまったようなものでしょうか。
 
SNS全体に対して興味を失っているときや、特定のサービスに飽きているときだけでなく、ある人の投稿に反応するのが面倒になっているときなどにもつかえますので、場合によってはホントに流行するのではないかなと、ちょっと期待しています。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「流行らないよ」と思ったら

父親に「遺言書いて」と言えない方に……


『相続川柳』を読むとなぜ遺言を書いてみる気になるのか、解説動画をYouTubeに投稿してみました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……