プラスアルファを期待する

先週の水曜日に八王子支部の研修を受けてきました。
 
八王子で活躍する税理士さんを招いての講義で、テーマは「相続税制改正について」でした。さすがに基礎控除の額と税率の変更を説明するだけで3時間もかかるわけがないでしょうから、相続手続のときに注意する点などを聞けるのではないかと期待していました。
 
0806tax

内容としては、前述した相続税の改正に加え、贈与税の税率や教育資金の特例、そして私も半年ほど前に解説した小規模宅地の特例の変更点などでした。
 
つまり、「FPジャーナル」の今月号に載っていた情報がほとんどだったということです。ちょうど前日の夜に読んだばかりだったので、復習としてはよかったのかもしれません。
 
ただ、せっかく東京出張の貴重な一日を費やしているのですから、「現場の税理士ならでは」という話も聞きたいと思うのが人情でしょう。そこで、質疑応答のコーナーで、税理士さんでないと答えられないような質問をしてみました。
 
その後の懇親会で、市役所OBの大先生から「あの場であんなこと聞いたらダメだよ」と注意されたのはここだけの話ですが……。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「あいかわらずだね」と思ったら

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……