吾妻越え

子熊との遭遇でいきなり心を乱されましたが、気を取り直して再出発することにしました。
 
有料道路だったことのわかるゲートを通過して磐梯吾妻スカイラインへ。名前のとおり、大きな空を眺めながら気持ちよく走れる道路でした。ただ、ガードレールが低い場所もあって、何かの間違いでそこを飛び越えてしまったときのことを想像すると恐ろしくなってきます。
 
0820aizu02

安全地帯まで進み、走ってきた道を撮影してみました。左側が崖だと緊張感も倍増です。
 
さらに上っていくと、恐ろしい看板が迎えてくれます。
 
0820aizu03

駐車はおろか停車すら禁止ということで、息を潜めて通過します。
 
そして、峠の最高地点が近づくと霧が深くなってきました。ひどいときは、数メートル先までしか見えません。これはこれでまた緊張感があります。
 
0820aizu04

天気が良いといくつかの湖が見えるそうです。天気が良いと。
 
こんな感じで、命からがら吾妻連峰を越え、猪苗代の町に到着しました。
 
0820aizu05

温かい缶コーヒーを飲みながら今後のルートを確認します。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「寒かったんだね」と思ったら

父親に「遺言書いて」と言えない方に……


『相続川柳』を読むとなぜ遺言を書いてみる気になるのか、解説動画をYouTubeに投稿してみました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……