つながりを意識する

年越し派遣村の村長として活動するなど、その筋では有名な湯浅誠さんと、テレビで見かけることなどもあり、脳科学者として一般的にも有名な茂木健一郎さんとの対談がまとめられた本を読んでみました。
 

 
北海道、大阪、沖縄と、全国3か所のパーソナル・サポート・センター(PS)を巡り、そこのスタッフや利用者の話を聞いたうえで、二人の感想をまとめるような構成になっています。
 
もちろん、ただの感想ではなく、日ごろから専門分野を持って活動している人たちが互いの意見を参考にしながら展開させていく対話ですから、それなりに読み応えがありました。
 
「貧困」とされる環境にいる人たちが増えていくと国全体の底力が衰えていくわけで、実際にはだれにとっても他人事ではないのですが、「自分には関係ない」と考える人も多いのが実情のようです。
 
他人とのつながりがなく孤立してしまう人への支援と同時に、他人とのつながりを意識できない人たちへの訴えかけも必要なのではないかと感じました。
 
0907connection

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「そうかもね」と思ったら

父親に「遺言書いて」と言えない方に……


『相続川柳』を読むとなぜ遺言を書いてみる気になるのか、解説動画をYouTubeに投稿してみました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……