基本を身につけるのは難しい

経営改善計画策定支援の研修を受ける前に、経営戦略の基本書を読んでおきました。
 
 
 
「この1冊ですべてわかる」とあるように、経営戦略を初めて学ぶ人からある程度の経験を積んだ人までを対象としているようです。しかし、入門書としてはちょっと難しいかなと感じました。その前に『フレームワーク使いこなしブック』を読んでおいて正解だったようです。
 
『使いこなしブック』は、「それぞれのフレームワークはどのような局面で活用されるのか」という視点から解説されていました。それに対してこの本は、「フレームワークを活用してどのような戦略を立てていくか」を中心とした解説だったようです。
 
読んでいるときはおおよその内容を理解できたつもりだったのですが、会計を中心とした1週間の研修をみっちり受けたところ、本の内容をだいぶ忘れてしまいました。経営戦略のことも習ってから読み直してみたら、またいろいろと気づくことがあるのではないかと考えています。
 
1007strategy

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「まだまだだね」と思ったら

父親に「遺言書いて」と言えない方に……


『相続川柳』を読むとなぜ遺言を書いてみる気になるのか、解説動画をYouTubeに投稿してみました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……