理想から何を削るか

じつをいうと、福島でお金を貯めて、帰ってきたら北野に事務所を借りようと思っていました。しかし、報酬から部屋代と交通費を引き、さらに毎月の食費や保険料などを支払ったら、むしろ貯金が減ってしまったような気がします。
 
そのようなわけで、しばらくはおとなしくしていることにしたのですが、中小企業支援の研修を受けているうちに、企業を相手の営業もするのであれば、やはり独立した事務所がないと厳しいのではないかと考えるようになりました。
 
また、開業して2年も経つと、さすがに書籍や事務用品なども増えてきますので、その置き場にも頭を悩ませています。
 
そして、お客様を呼んで応対する場所がないことは、開業当初からの悩みでした。欲をいえば、10名くらい集めて説明会を開ける広さが欲しいところです。しかも、駅の近くで。
 
1024kitano

ただ、理想の物件を借りるのは経済的に難しいので、来年の春ごろを目安に、どの条件を優先するべきなのかを煮詰めていこうと考えています。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「そうですか」と思ったら

父親に「遺言書いて」と言えない方に……


『相続川柳』を読むとなぜ遺言を書いてみる気になるのか、解説動画をYouTubeに投稿してみました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……