入門書でも手こずる

財務(=ファイナンス)の入門書を読んでみました。
 

 
副題に「経営」と「財務」とありますので、経営分析の学習に役立つかなと思いまして。
 
「資金の調達方法とその投資先の選択が、外部から見た企業の価値にどのような影響を与えるのか」という点を中心とした説明だったのではないでしょうか。
 
なんとなく、個人投資家などに向けた内容なのではないかと感じました。読んでいるときはそれなりに理解できる部分もあったのですが、振り返ってみると、知識として残ったものは少ないような気がします。
 
とくに後半はなかなか細かい話になり、いまひとつ理解できない部分もありました。難しい分析法を正確に説明してもらうよりも、概念を「ざっくり」説明してもらいたかったところです。まあ、私のレベルが低いだけなのかもしれませんが。
 
1101rough

とはいえ、前半にはけっこう納得できる部分もありましたので、そのうちまた読み直してみようと考えています。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「そうですか」と思ったら

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……