社労士試験は不合格でした

土曜日に社労士試験の結果が届きました。結論からいうと不合格です。
 
1111failure

午前の択一式も午後の選択式も、合計では合格点に達していたのですが、選択式の労災保険法が0点ということで、残念ながら救済措置でも救いようのない結果となってしまいました。
 
過去問をくり返し解くことで形式的な問題にはそれなりに答えられるようになっていたものの、テキストに載っていないような難問に遭遇したときに、諦めずに考え抜いて答えを出す練習が足りなかったようです。
 
まあ、正直に申し上げますと、選択式の合格点が40点中21点というのは、問題が悪かったからではないかと思わないこともないのですが、同じ条件でも基準に達している人はいるのですから、素直に自分の力不足を認めるよりほかないでしょう。
 
来年も受けるかどうかは、まだ迷っているところです。ただ、どちらにせよ、しばらくは行政書士としてがんばっていくしかないなと考えてはいます。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「残念だったね」と思ったら
  (ブログ村リンク)

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……