知的資産経営も意識する

研修センターの委員として、知的資産経営の研修を撮影してきました。
 
そういう分野があることは知っていたものの、少し前まではあまり興味を持っていませんでした。正直に申しまして、仕事にはならないと思っていたものですから。
 
しかし、中小企業支援の勉強を始めてから、そのへんの業務にからめていくこともできるのではないかと考えるようになってきました。ですから、このタイミングで撮影の仕事が入ってくれたのは、かなり好都合なことでした。
 
そんな感じで、撮影をしつつ講義を聴いてきたわけですが、やはりまだ需要は低いようで、金融機関からの評価もあまり高くはないのではないかと感じました。ただ、災害などで会社の設備が大きな損害を受けたときに、最後に残るのは知的資産というお話でした。
 
1128takeda

「人は石垣、人は城」ということでしょう。
 
そうなると、BCPを策定する際に知的資産の整理もすることによって、より効果の高いものを作ることができそうです。
 
そのようなわけで、これからはこちらの分野も意識していこうと考えています。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「そうですか」と思ったら

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……