入力装置にこだわる

けっきょくWindowsPCはメーカーの既製品を買いました。
 
まずはいろいろと設定しているところです。メーカー保証を受けるためにユーザー登録をしようとしたところ、自分の名前を漢字に変換できなくて苦労しました。なぜか変換候補にカタカナしか出てきません。
 
仕方がないので、入力中に出てくる候補をマウスでクリックして変換していました。Win8の仕様なのかと思ってげんなりしていたのですが、よく見たらキーの配列を理解していなかったようです。
 
Macを使っているときは、「F」の下にあるスペースキーを左手の親指で押して変換しています。
 
20140118key01

同じ感覚で使おうとしていたのですが、「F」の下には「無変換」という謎のキーがありました。
 
20140118key02

というより、スペースキーが思ったより短かったようです。
 
このままでは業務に支障を来しますので、やむを得ずキーボードだけ購入することにしました。
 
20140118key03 

「青軸」というやつです。
 
ちなみにテンキーは「茶軸」を選択。
 
20140118key04 

まあ、青軸がなかったからなのですが。
 
せっかくなので、Macにもつないでみることに。
 
20140118key05

この画面を撮影するために、設定の途中で本体のキーを使ったのがいけなかったのか、ここから先に進めなくなってしまいました。記号の配列がめちゃくちゃになっているのは、そのせいでしょうか。
 
打ち心地はかなりよいので、これからどうしようか迷っているところです。
 
20140118key06

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「好きにしなよ」と思ったら

父親に「遺言書いて」と言えない方に……


『相続川柳』を読むとなぜ遺言を書いてみる気になるのか、解説動画をYouTubeに投稿してみました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……