初めての長期借入金

日本政策金融公庫から融資を受けることができました。今回は相談から入金までの流れを振り返ってみます。
 
20140203debt

1.相談

八王子市の制度融資への申込が却下されたことを知ったのは、1月10日(金)のことでした。その日のうちに八王子の公庫へ行って相談してみることに。最初はあっさり基準金利での貸付を案内されたのですが、少しねばって「設備投資ならば特別金利」という商品を案内してもらうことができました。申請書などをもらってこの日は終了です。
 

2.申込

年末に信用金庫へ提出した事業計画書を手直しして、申請書と一緒に窓口へ持っていったのが1月16日(木)のことでした。ここでのやり取りは書類の受け渡しのみです。
 

3.面接

1月21日(火)に連絡を受けて面接日を3日後に指定され、当日に必要な書類などについての説明資料が、翌日に速達で届きました。24日(金)に1時間ほどの面接を受けたときの様子は、以前の記事に書いたとおりです。
 

4.決定

1月29日(水)の夜に東京から戻ると、融資決定の通知が速達で届いていました。翌日の15時までに書類を持っていけない場合は郵送するよう指定されています。そこで、翌日の朝から北野の郵便局へ行って収入印紙を買い、市役所の北野事務所で印鑑証明を取り、南口のみずほ銀行で指定口座の確認印をもらってから窓口へ行きました。ここでのやり取りは、書類の確認と返済日の指定くらいだったはずです。
 

5.入金

振込手数料の210円を差し引かれた金額が入金されたのは、翌日の1月31日(金)のことでした。申請から約2週間ですので、案内などに書かれている期間よりは短かったようです。
 
このような感じでしょうか。年末に拒否された申請も含めるとそれなりに苦労もありましたが、なかなか貴重な経験ができましたので、今後に生かしていきたいと考えております。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「ちゃんと返せよ」と思ったら

父親に「遺言書いて」と言えない方に……


『相続川柳』を読むとなぜ遺言を書いてみる気になるのか、解説動画をYouTubeに投稿してみました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……