たまには脳を鍛える

明日からの実戦研修に備えて、数字に関する本を読んでみました。
 

 
はっきりいって苦し紛れです。
 
桁数の多い計算を暗算しやすくなる公式などがいくつか紹介されています。たしかに、覚えておけば役に立つ場面もありそうですが、数ある公式を覚えるだけでもなかなか大変です。
 
また、けっきょくは力技で解かなければならないものや、かえって面倒なのではないかと思われるようなものもあったような気がします。
 
紹介されているものの中から気に入ったものを選び、使いこなせるようになるまで反復練習をしていくとよいのではないかと思いました。
 
巻頭のあいさつに書かれていた、「他人の評価はあいまいなもので、計算が速いだけで仕事もできそうな人に見られることがある」みたいなことばが印象に残りました。たしかに、そういう部分はありそうです。
 
まあ、他人からの評価は置いておいたとしても、あれこれ考えながら計算問題を解くのは脳にとってもよい運動になるのかなと感じました。
 
20140207calc

ただ、実戦研修の対策にはならなかったような気もします。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「だろうね」と思ったら

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……