地域での雪かきについて考える

連日の雪かきで体が悲鳴をあげている方も多いのではないでしょうか。
 
私もそこそこがんばったつもりですが、時間的にも体力的にも限界がありますので、自分の通る道を確保するだけで精一杯でした。
 
こんなときに、雪国の人たちが使っている家庭用の小型除雪機があれば便利だなと思って調べてみたところ、世界のHONDA製だと安くても20万円くらいすることがわかりました。
 
20140218honda

さすがです。
 
使う機会は、年に一度あるかどうかというところでしょうか。そう考えると、かなり高額です。しかし、個人で買うのは厳しくても、町会や自治会で何台か所有しておけば、駅前や通学路の除雪が楽になるでしょう。
 
最近は一般社団法人化する町会も増えてきたという話を聞きます。打越の町会も法人化して、いろいろ機能的に動けるようになればと考えつつ、その前に地域の若い人たちがもっと雪かきに参加してくれてもよいのではないかと、そう思わないでもない今日この頃です。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「そうかもね」と思ったら

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……