CCライセンスを導入する

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCライセンス)というやつを導入してみました。
 
以前から興味はあったものの、使い方がいまひとつわかっていなかったので、これまではお決まりの「All Rights Reserved.」にしていました。つまり、「無断での利用は許可しない」ということです。
 
しかし、それもおもしろくないので、制限をかけつつある程度は自由に利用してもらえるような設定にしてみました。
 
CCライセンスには、「(原作者と作品名の)表示」「非営利(目的のみ利用可)」「改変禁止」「(改変前に設定されていたライセンスを)継承」の4つがあり、組み合わせによって6段階の設定ができます。
 
20140220cc

今回は「表示」と「継承」を選んでみました。営利活動に使ってくださってもけっこうです、使えるものなら。ただし、営利目的で使った人に「改変した作品は非営利のみ」とされても面倒なので、設定は継承してもらうことにしました。
 
この条件であれば許諾は不要ですので、積極的に利用していただければと思います。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「使えないよ」と思ったら


【参考】
クリエイティブ・コモンズ・ジャパン

【追記(2015.05.18)】
※諸事情により2015年5月18日で適用を廃止いたしました。

父親に「遺言書いて」と言えない方に……


『相続川柳』を読むとなぜ遺言を書いてみる気になるのか、解説動画をYouTubeに投稿してみました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……