知的資産を洗い出す

中小企業基盤整備機構の「知的資産経営マニュアル」に載っているワークブックを利用して、知的資産経営報告書作成の学習をしてみました。
 
20140304report

最初は、数か月前に撮影した研修の中で講師の方が勧められていた学習方法を試してみるつもりでした。しかし、それよりも自分の事務所の知的資産を実際に書き出したほうが、いろいろと役に立つのではないかと勝手に判断して、途中から路線変更してしまいました。
 
融資の申請をするときに事業計画書を作成したのが、かなりよい経験になっていたようです。そのときに立てた売上と利益の計画はもちろん、自分なりに分析した「強み」や「弱み」などの情報も活用することができました。
 
経営改善計画策定支援研修で学んだ手法も取り入れれば、中小企業が知的資産経営報告書を作成するお手伝いもできそうです。今後も研究を重ねていき、支援機関に認定されたら、営業活動も行っていこうと考えています。
 
ちなみに、これまでの事業活動として、ブログの作成にけっこうな時間をかけてきたわけですが、残念ながらそれを「強み」と見なすことはできませんでした。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「そうだろね」と思ったら



【参考】
中小企業のための知的資産経営マニュアル(外部リンク)

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……