設備投資について考える

開業したころは、まだ行政書士としてどうやって稼いでいくのかが見えていなかったこともあり、設備などにはなるべくお金をかけないようにしていました。
 
あれから3年が経ち、私の意識もだいぶ変わってきたようで、行政書士といえども、仕事をしていくにはそれなりの投資が必要だと考えるようになりました。もっとも、どうやって稼いでいくのかは、まだはっきりとは見えていないのですが。
 
それはともかく、事務所を借りて設備を調えるとなると、やはりいろいろとお金がかかってきます。事業計画書には最低限のものしか書かなかったため、「あったら便利」というものまで買っていたら予算をオーバーしてしまいました。
 
20140310equipment

まだ欲しいものはあるのですが、このまま無計画に買っていくのは危険です。これからは、あくまでも「投資」であることを意識して、直接的であれ間接的であれ、それを回収できるかどうかを計算して、なるべく不要なものは買わないようにしていこうと考えています。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「なるべくかよ」と思ったら

父親に「遺言書いて」と言えない方に……


『相続川柳』を読むとなぜ遺言を書いてみる気になるのか、解説動画をYouTubeに投稿してみました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……