震災から3年を機に考える

あれからまた1年が経過しました。
 
この1年間を振り返って真っ先に思い出すのは、やはり福島市で過ごした4か月間でしょうか。短い期間ではあるものの、その土地で暮らしたことによって、原発事故の問題がより身近なものになったような気がします。
 
20140311touhoku

原発賠償の相談業務は、来年度も続きそうです。先の見えない部分もありますが、必要とされている限りは、できるだけ力になりたいと考えています。
 
福島での電話相談についても、10月から3月までは月に一度のペースでお手伝いさせてもらっています。こちらについても、できる限り続けていきたいところです。
 
ただ、これからは自分の事務所の運営もきちんとしていかなければならないと考えています。自分の足元をしっかりと固めたうえでの支援でなければ、安定も持続もしないでしょう。
 
他人の手助けをしたいのであれば、まずは自分自身も強くなる必要があるのではないかと、最近はなんとなくそのように感じています。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「たしかにね」と思ったら

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……