節税破産の恐さを知る

今週も相続税関連の本を読んでみました。
 

 
節税のために借金をしてアパートを建てるという話は、相続税対策の本などでよく目にします。しかし、アパート経営に失敗したら破産もあり得るわけです。相続税を払えなくて先祖伝来の土地を手放したとしても、もともと借金がなければそこで破産をすることはないのですから、いわれてみると、前者のほうがより危険とも考えられます。
 
資産を減らして節税するのではなく、資産形成をして納税ができるように対策しておくのが重要とのことでした。そのためにも、きちんと回収を意識して投資する必要があるということです。考えてみれば当然のことなのですが、どうしても「節税」を優先してしまって失敗することが多いのだとか。
 
20140321estate

後半で語られていた、相続税に対する考え方や、地域コミュニティに資産家が貢献できる可能性など、これまであまり読んだことのないような話がなかなか新鮮でした。疑問に感じる部分もありましたが、いろいろと勉強になった気がします。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「よかったね」と思ったら

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……