自転車事故の話を聞く

ADR研修の裏方作業をしつつ講義を聞いてきました。テーマは「自転車分野」です。
 
東京都行政書士会のADRセンターが行っている自転車事故の調停に関わる人たちを対象とした研修のようです。また、交通事故を業務として扱っている人たちも参加しているようでした。どちらもよくわからない分野なのですが、自転車は好きなので講義はなかなかおもしろかったです。
 
「自転車対歩行者」はもちろん、「自転車対自動車」の事故であっても、過失が大きければ、自転車側が加害者になることもあるということでした。ただ、保険に入っている人が少ないので、賠償金がらみで裁判沙汰になることが多いそうです。
 
また、自転車には自動車でいうところの「青切符」がないため、実際に捕まるといきなり罰金刑を科されて前科者になってしまう可能性もあるのだとか。
 
原付に乗っているときと同じような感覚で運転していれば、事故や違反の確率をだいぶ低くできるのではないでしょうか。あと、保険は大切ですね。
 
20140324bicycle

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「たしかにね」と思ったら

父親に「遺言書いて」と言えない方に……


『相続川柳』を読むとなぜ遺言を書いてみる気になるのか、解説動画をYouTubeに投稿してみました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……