知的資産マネジメントを学ぶ

今回も同業の先輩から先輩から紹介された本を読んでみました。知的資産マネジメントに関する本です。
 

 
商品やサービスからさかのぼって、それが評価されている原因である「強み」を探っていく手法など、なかなか参考になることも書かれていました。
 
ただ、後半はどちらかというと学問的な色が強かったような気もします。企業の中で知的資産経営報告書をまとめる担当になった人が勉強のために読む本というよりも、知的資産経営に興味を持っている人が研究のために読むような本なのではないかという印象です。
 
とはいえ、実際に知的資産経営報告書を作成するときに注意すべき点なども説明されていますので、実践の役には立たないというようなことはないと思われます。また、専門家として作成の支援に関わるのであれば、こういった本も読んでおいたほうがよいだろうとは感じました。
 
いかに「無形」といえども、我流では限界がありますからね。
 
20140418cloud

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「たしかにね」と思ったら

父親に「遺言書いて」と言えない方に……


『相続川柳』を読むとなぜ遺言を書いてみる気になるのか、解説動画をYouTubeに投稿してみました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……