「遺言」という言葉

八王子高齢者手続支援協会の第1回無料相談会は、残念ながら相談者なしという結果でした。集客努力が足りなかったのはもちろん、そもそも「遺言」というテーマでは敷居が高かったのかもしれません。
 
高齢者からの相談を受けていると、「遺言」という言葉を口にするのがつらいのではないかと思えるときがあります。
 
遺言に関する解説などで「『遺書』とは違って縁起の悪いものではない」みたいな文句を目にしたこともありますが、やはり一般の人にとってはなじみが薄く、口に出すのもはばかられると感じている人も多いのではないでしょうか。
 
そのようなわけで、第2回無料相談会は、テーマを「専門家と一緒に作る簡単エンディングノート」としてみました。前回に比べると、多少は入りやすくなっているのではないかと考えています。
 
20140514Enote

といっても、今回も予約はまだ入っていませんので、ご興味ご関心をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「なるほどね」と思ったら

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……