認定支援機関のハンコ代

火曜日に、「認定支援機関の一覧を見た」という市内の会社から問い合わせがありました。
 
「あした締切の助成金の申請をするために、認定支援機関として関わってくれないか」ということです。5月14日の締切ですから、おそらく「ものづくり・商業・サービス補助金」でしょう。
 
「申請書はほぼ完成しているので、目を通したうえでハンコを押してくれれば」ということでした。しかし、これまで関わりのない会社の事業計画などを見て、その場で適切な判断をする自信はありません。
 
かりに、手直ししたほうがよさそうな部分が見つかったとしても、翌日までに完成させるのは難しいのではないでしょうか。
 
そんなことを考えながら難色を示していたところ、先方も急いでいたようで、「ならいいです」みたいな感じになりました。
 
認定支援機関の関与が申請の条件になっているため、とにかくハンコが欲しかったのでしょう。小規模事業者型でも補助上限額は700万円ですから、ハンコ代としてそれなりにもらえたのかもしれません。しかし、そこに手を出してしまうと先がないような気がします。
 
そのようなわけで、今のところは支援機関になってよかったことはまだないです。
 
20140517support

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「まだまだだね」と思ったら

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……