行政書士は体が資本

体調を崩してまともに仕事をできない日が続きました。個人事業主なので仕事ができないと稼ぎもなくなってしまいますから、まさに死活問題といえます。まあ、もともとそれほど仕事はないものの、体調不良だと集中力も欠けてしまい、ミスも多くなるので危険です。
 
それでは、勤め人だったころは安心して休めたのかというと、けっしてそんなことはなく、けっこう無理して出勤することもありました。もちろん、それを理由に失敗が許されるようなこともありません。
 
繁忙期に体調を崩してしまって肺炎になりかけたことなどもありましたが、そもそも「休む」という選択肢がない状況だとなんとかなるのかもしれません。
 
20140521tamiflu

さすがに、インフルエンザにかかったときは出社禁止になりましたが。
 
ただ、一人親方の場合、無理をして長期入院ということにでもなったらそれこそ致命的ですので、こと体調に関しては、「ちょっと甘いかな」くらいでもよいのかなと思う今日この頃です。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「ちょっとだけね」と思ったら

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……