経審の参考書を読む

建設業の経営事項審査申請(経審)について基礎からきちんと学んでみようと考え、分厚い本を読んでみました。
 

 
経審や入札参加の基本的な知識はもちろん、評点を上げる方法についても事例を挙げて詳しく解説されています。また、経審を受ける前提となる建設業の許可制度についても1章を割いて説明されているため、そちらの理解も深まったように感じました。
 
経営状況の評価には利益率なども影響してくるので、評点を上げるためには経営改善が有効な手段になるようです。そう考えると、「経営改善計画策定支援研修」を受けている私は、ほかの行政書士よりも有利な立場にいるのかもしれません。
 
20140530improvement

経営コンサルタントが書いている本だけあって、経営改善の実例なども載っていて勉強になりました。ただ、経審の参考書として考えると、社会保険の仕組みなどについては、そこまで細かく書かれていなくてもよかったのではないかというのが、正直な感想ではあります。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「そうかもね」と思ったら

父親に「遺言書いて」と言えない方に……


『相続川柳』を読むとなぜ遺言を書いてみる気になるのか、解説動画をYouTubeに投稿してみました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……