知的資産経営と中小企業支援

知的資産経営をからめた中小企業支援を行いたいと考えてはいるものの、具体的な集客などにはまだ手をつけられないでいます。
 
先日、知的資産経営がらみの中級業務研修を受け、中小企業基盤整備機構の出しているA3に集約された報告書、いわゆる「事業価値を高める経営レポート」の大切さをあらためて感じました。会社案内のような報告書も使いようによっては有効なのでしょうが、A3版のほうが小回りが効きそうです。
 
そこで、A3版の作成支援を中心とした業務案内のページを作ってみようとしたのですが、実際に使うことを考えながら中小機構のA3版を見直してみたところ、気に入らない部分がけっこう見つかってしまいました。
 
そのようなわけで、より使いやすいもの(私にとって)を自分で作ってみようと考えています。それを用いて自分の事務所の報告書を作成すれば、営業用の資料にもなるでしょう。
 
20140602A3

実物はA3にする予定です。
 
それで仕事が取れれば効果の証明にもなりますので、ちょっと気合いを入れてみようと思っています。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「ないことの証明になるかもね」と思ったら

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……