相続川柳の著作権を気にする

前回の記事にも書いたとおり、現時点で八王子高支援のホームページに発表している相続川柳は21本です。しかし、それ以外に解説をまだ考えていないものが70本ほど控えています。
 
20140611senryu

条文を五七五にする技を覚えてからペースが上がってきました。
 
今後も解説を付けていくとなると、週に数本の投稿が精一杯でしょう。ただ、そうすると川柳を考えついてから発表するまでにかなりの時間差が生じてしまいます。
 
今のところ、相続を五七五で解説している人はほかにいないようですが、手元で温存しているうちに同じようなものを先に発表されてしまうのではないかという心配はあります。とくに「条文から五七五」だと個性が出にくいですし。
 
そう考えると、川柳だけでも先に発表しておいたほうがよさそうです。ブログ形式で日付を入れて投稿しておけば、とりあえずの防衛にはなるでしょう。
 
あとはペースを落とさず解説を作っていけるかどうかが勝負ですね。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「真似しないから」と思ったら

父親に「遺言書いて」と言えない方に……


『相続川柳』を読むとなぜ遺言を書いてみる気になるのか、解説動画をYouTubeに投稿してみました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……