出張で遺言の証人をする

出張による公正証書遺言の証人を経験しました。
 
20140714trip

まあ、現場は市内だったのですが……。
 
公正証書遺言を作成する際は、原則的には遺言者と証人が公証役場へ行き、その場で公証人に手続きを進めてもらいます。しかし、遺言者が入院していて公証役場へ行くことができない場合などは、公証人と証人が出張して作成することもできます。
 
今回は、遺言者のご自宅まで訪問しての作成ということで、ご家族が公証役場から車で送迎してくださいました。
 
出張で作成する場合は、公証役場へ納める手数料の一部が割増になります。職場から外に出ることによって公証人の負担が増すのはもちろん、外出先でのとじ込み作業のしづらさなどを考えると、それも仕方のないことなのではないでしょうか。
 
前述のとおり車での送迎だったこともあり、証人としての負担はほとんど変わらなかったような気がします。今後も、八王子市内であれば、とくに報酬の割増などは考えなくてもよいだろうと感じました。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「そうかもね」と思ったら

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……