行政書士業務以外に使う印影を作る

領収書や請求書に押す印鑑について考えました。
 
行政書士として仕事を受けたときは、領収書等に職印を押すことにしています。これまではそれで問題なかったのですが、今後は認定支援機関として補助金申請などの業務を受ける可能性もあるでしょう。そのときに発行する領収書等に行政書士の職印を押すのは違和感があります。
 
かといって個人の印鑑では寂しいので、屋号の印鑑を用意してみることにしました。まあ、パソコンで打ち出す領収書に印刷される画像を作っただけなのですけれど。
 
屋号は「はちおうじ総務相談所」なので、普通に考えたら5文字の2段になりそうです。しかし、それを正方形の角印に収めるのは至難の業です。
 
20140714stamp

そこで、丸印を作ってみることにしました。
 
20140716circle

しかし、領収書にわざわざ代表の丸印が押されているのは、見たことがないような気もします。
 
どうしたものかと考えているうちに、最後の行が「会社之印」となっている角印をネットで見つけたので、参考にしてみました。
 
20140716square

よく見ると「相談所事務所」と続いていてやや間抜けな感じもしますが、とりあえずこれを使ってみようと考えています。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「仕事が来ればね」と思ったら

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……