SEOを意識してブログのタイトルを長く具体的に

少し前から、ブログ記事に長くて具体的なタイトルを付けるようになりました。
 
本当は短くて抽象的なものが好みなのですが、やはり内容を想像できる題名のほうがクリックしてもらえる確率は上がるのかなと考えまして。検索結果の順位的にも、キーワードを盛り込んだほうが有利な感じがしますし。
 
ちなみに、これまでは、WordPressではおなじみの「All in One SEO」というプラグインを利用して、検索用のタイトルだけは長めにしていました。例えば、最近の人気記事である「自転車を修理する」は、「GIANTのEscapeR3をシングルスピード化する」となっています。
 
20140827title01

行政書士関連の記事ではないのですが……。
 
ただ、これだとサイト内の記事一覧などには短い題名しか表示されません。そこで、最初から長い題名を付けてしまうことにしました。
 
20140827title02

なんとなく「20から25文字で」と思っていたのですが、人気記事一覧に2行で収めるためには、全角だと24文字が限界みたいです。
 
そんなわけで、しばらくはこんな感じで続けてみようと考えています。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「ご自由に」と思ったら

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……