相手に応じて広告内容を変え宣伝費を有効に使えれば

8月の上旬に「サマーキャンプ in 八王子ミニバスケットボール交流会」というものがありまして、そこで配られるプログラムに広告を出してみました。白黒で1,000部を印刷して、参加者などに配布されたようです。
 
小中学校の同級生で、ミニバスのコーチをしている人(友だちの友だち)からの依頼でした。スポンサーを集めるのも大変みたいです。
 
A4の1ページを丸々使えるとのことでしたが、手にするのは小学生とその保護者が中心と思われますので、まさか「遺言・相続」というわけにはいかないでしょう。
 
そんなわけで、宣伝するのは諦め、思い切って事務所名も省略してしまいました。どうせなら、「なんじゃあ、こりゃあ?」と思われたほうがおもしろいですし。
 
20140903minibasket

バスケットボールが意外とうまく描けたのでちょっと満足しています。
 
しかし、今回は広告宣伝費として計上したわけですが、どちらかというと交際費だったのかもしれないなと思う今日この頃です。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「たしかにね」と思ったら

父親に「遺言書いて」と言えない方に……


『相続川柳』を読むとなぜ遺言を書いてみる気になるのか、解説動画をYouTubeに投稿してみました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……