話題になっていたマーケティングの入門書を読む

マーケティングの入門書を読んでみました。
 
20140919carapace 
 
facebookで同業者が薦めているのを見て読んでみることに。3冊の小説から物語の部分を削って1冊にまとめた本のようです。小説を選ばなくて正解でしたね。
 
いろいろなマーケティング理論が短い事例に沿って紹介されているので、入門書としては読みやすいのではないでしょうか。「図解」につき図が多くて理解の手助けになるのですが、個人的には無駄としか思えないイラストも多くて電車の中で読むのが恥ずかしかったです。
 
100円のコーラを1,000円で売る方法については、同じような話をコーヒー屋さんの例で聞いたことがありました。飲み物としての価値は100円でも、高級ホテルで飲んだら、その体験も含めた値段になるでしょうと。
 
そう考えると、「こいつはリッツ・カールトンあたりで飲んだら1,000円はする代物だよ」とかいいながら300円くらいで売ってしまう露天商が最強なのかもしれませんね。
 

 

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「そうかもね」と思ったら

父親に「遺言書いて」と言えない方に……


『相続川柳』を読むとなぜ遺言を書いてみる気になるのか、解説動画をYouTubeに投稿してみました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……