行政書士会の遺言執行と相続登記の研修を受けました

10月12日に総合研修を撮影してきました。「遺言執行関連」と「不動産登記」の二本立てです。前半は弁護士さん、後半は司法書士さんによる講義でした。
 
20141020sunflower

遺言執行については、手続的には遺産分割協議書を用いての名義変更等と共通する部分が多く、かといって遺言認知や廃除について掘り下げても実務で関わることはそうそうなさそうですし、行政書士の興味を引くような講義としては、1時間半が限界だったのかもしれません。
 
遺言の内容によっては執行の段階で苦労することになるでしょうから、作成時にはその点を注意しなければいけないなと、あらためてそう感じました。
 
後半の不動産登記は3時間でした。「行政書士が遺産分割協議書を作成して登記は司法書士」というパターンで進めるときに、「欠けていると困る書類」を強調されていたのが印象的です。
 
今後も司法書士さんにお願いすることはあるでしょうから、こちらも注意しようと思います。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「当然だよね」と思ったら

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……