初級業務研修の運営を手伝いつつ事務所経営を考える

今年も東京都行政書士会の初級業務研修会が始まりました。私も研修センターの委員として運営のお手伝いをしています。
 
20141103training

今年度一本目は「事務所経営(中略)について」でした。講師はBCP研究会で座長を務める塩田先生です。営業手腕には定評のある方なので、講義を聴くため運営担当に立候補してみました。
 
撮影の設定を済ませて講義を聴いてみると、冒頭から「東京で開業していながら『仕事がない』といっているのは営業(と研究)の努力が足りないだけ」みたいなお話で、新入会員のみなさんの心を奮い立たせてくれています。私はすっかり萎縮していましたが……。
 
また、「研修オタクになってはいけない」というお話もしてくださいました。たしかに、実務に生かせない研修をいくら受けても、自己満足に過ぎないのかもしれないなと感じました。私は翌日も塩田先生の研修に出る予定だったので、下を向いていましたが……。
 
とにかく、いろいろと刺激を受けましたので、自分なりにがんばってみようと思います。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「ホントにね」と思ったら

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……