【原発賠償58】被害者向けの説明会を見学しました

10日ほど前に北千住まで行き、原子力損害賠償・廃炉等支援機構の説明会を見学してきました。
 
20141110NDF

「弁護士・不動産鑑定士による説明会」ということだったので、不動産の現地評価に関する説明などが聞けるのではないかと期待していたのですが、残念ながら鑑定士さんからの説明はありませんでした。午後からの個別相談で対応されていたようです。
 
解説の中心は半年ほど前に東電から発表された「住居確保損害」についてでした。なかなか複雑な賠償制度なので、一般の方々にわかりやすく解説するのはかなり難しいのではないでしょうか。前に立っていた弁護士さんも苦労されているように感じました。
 
これまでに発表されている資料に書いてある内容がほとんどでしたが、じっくり説明してもらって理解が深まりました。また、避難先から帰還するため元の住居を建て替える場合に、解体費用が別枠で賠償されることなどは、今回の説明で初めて知りました。
 
避難者向けの説明会ではありましたが、また機会があって席に空きがあれば参加してみたいと考えています。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「なるほどね」と思ったら

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……