知的財産活用研修で中小企業支援の引き出しを増やす

認定支援機関向けのセミナーを受けてきました。テーマは「‘知的財産’の力を活かした経営基盤の強化策」です。
 
20141117seminar

なかなか興味をそそられます。
 
知的財産を活用した中小企業支援の考え方はもちろん、知的資産経営支援のヒントも得られるのではないかと期待して、虎ノ門の発明会館まで行ってみることに。
 
講師は弁理士さんでした。とある本で読んだことのある事例が続けて出てきたので、もしやと思って調べてみたら、まさにその本を書いた方でした。もともと「その気」にさせてくれる本でしたが、口頭で強弱をつけて解説されると、より深く伝わってくるような気がします。
 

 
しかし、研修センターの会議前に無理やり参加したので、途中で退席せざるを得ませんでした。興味深い話が続いていたのでひじょうに残念です。
 
サブタイトルにあるとおり、中小企業支援の引き出しを増やすのに有効な内容だと感じましたので、いつか行政書士会の研修でもお話しいただけないかなと思っています。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「なるほどね」と思ったら

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……