行政書士会主催の知的資産経営シンポジウムの感想

東京都行政書士会が主催する知的資産経営のシンポジウムを見学してきました。
 
20141119symposium

タイトルは長いので画像にて。
 
前半の基調講演は、半年ほど前の中級業務研修で「知的資産経営を中心とした事業承継」というテーマの講義をしてくださった方でした。今回は大会場だったこともあり、ちょっと距離感があったような気もします。
 
後半はパネルディスカッションでした。前半の講師が進行役になり、日本政策金融公庫の方と数年前に起業した飲食店の経営者、そして、その起業を支援した行政書士による話し合いでした。
 
こちらの書士さんは、やはり中級業務研修で「財務諸表と資金調達」の担当をされていた方です。起業支援の経験はかなり豊富なようですが、知的資産経営を前面に出しているわけではないようで、どうも話がかみ合っていないような印象を受けました。
 
そもそも、シンポジウム自体が行政書士限定ではないので、全体的に焦点がぼやけてしまっていたのかな、というのが正直な感想です。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「どうだろね」と思ったら

父親に「遺言書いて」と言えない方に……


『相続川柳』を読むとなぜ遺言を書いてみる気になるのか、解説動画をYouTubeに投稿してみました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……