社会保険労務士事務指定講習の通信課題を見て考える

労働社会保険諸法令関係事務指定講習の教材が届きました。実務経験2年未満の人が社労士の登録をするために必要な講習です。
 
20150130SR

じつをいうと、合格直後は登録する気を失っていて、この講習も受講しないつもりでいました。しかし、同業者などから助言をいただいたのに加えて、面接指導(通学講座)の期間が意外と短かった(2週間くらいだと思っていました)こともあり、とりあえず講習だけは受けておくことにしました。
 
届いた資料を読んで、8月のスクーリングを受ける前に、通信教育で課題を提出しなければならないことを思い出しました。しかも、写真のとおりなかなか分厚い教材で、作成する書類もかなりの量になるようです。
 
そのようなわけで、さっそくくじけそうになっているのですが、実務と直結した内容のようなので、登録するのであればそれなりに役に立つのかなと考えています。
 
本当ならば、行政書士にもこういった講習があるとよいのでしょうが……。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「たしかにね」と思ったら

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……