相談中に即答できなかった質問を書き溜め知的資産に

お客様から相談を受けているときに、即答できない質問をされることがよくあります。そんな経験を重ねるうちに、「答えられなかった質問をノートに書き溜めておいたらけっこうな財産になるな」と思ってはいたのですが、これまではなかなか実行できませんでした。
 
理由の一つは、開業してしばらく経ってから思いついたアイデアだったため、最初のころの質問を覚えていなかったからです。「どうせなら漏らさずに集めたい」と考えてしまうのは、収集家の悪い癖でしょうか。まあ、とくに収集癖はないのですが。ただ、漫画などは第1巻からそろえないと気が済まない性質です。
 
それはともかく、これまで必要性を感じながらも手を出せていなかったのですが、先日、八王子の同業者が書いた「自分用FAQ集を作る」というブログに刺激されて、ついに私も始めてみることにしました。ちょうど年の初めでしたし。
 
20150202note

題名は、以前からHPへの追加を考えているコーナーにつけようと思っていたものです。
 
開業から4年弱、まだまだ知識も経験も足りませんので、このノートをしっかり活用していこうと考えています。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「よかったね」と思ったら

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……