サイト移行をきっかけに成年後見の解説を修正する

旧サイトから成年後見の解説ページを移行したときの話を。
 
オリジナル版を投稿したのは、2013年のことでした。途中でヒルフェ退会事件などありつつも、1月から5月までかけて19ページの解説を作成しています。まあ、仕事なかったですし。
 
それはともかく、あれから2年ほど経っていますので、移行に伴って少し修正が必要でした。
 
まず、画像の背景色やサイズが統一されていなかったので、その点を直しておきました。また、抜粋が50文字程度しか書かれていなかったので、100文字程度に増やしておきました。
 
そして、裁判所の発表している「成年後見関係事件の概況」も更新されていたので、こちらも最新のものにしておきました。もっとも、5月の連休明けくらいには平成26年版が発表されそうではあるのですが。
 
20150304kouken

そのようなわけで、意外と手間がかかってしまったのですが、成年後見制度について考え直してみる、よいきっかけにはなったのかなと感じています。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「そうかもね」と思ったら

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……