小規模事業者持続化補助金(H26補正)の公募開始

※中小企業支援サイトから移転しました(2015.11.09)
 
 平成27年2月27日(金)の夜から、小規模事業者持続化補助金(平成26年度補正予算)の受付が開始されました。第1次受付は平成27年3月27日(金)まで、第2次受付は平成27年5月27日(水)までです。
 
 原則的には、補助金の交付決定日から実施期限までにかかった補助対象経費に対して、後から補助金が支払われます。実施期限は、第1次受付分については平成27年10月31日(土)まで、第2次受付分については平成27年11月30日(月)までです。
 
 補助上限金額は50万円(一定の条件を満たせば100万円/共同申請は500万円)で、補助率は2/3です。ですから、75万円以上の経費をかければ、最大で50万円が補助されます。
 
 製造業等では従業員20名以下、小売業やサービス業等では従業員5名以下の小規模事業者が対象です。商工会議所(商工会)と連携して、経営計画を作成することが条件となっています。
 
 そして、経営計画の中に盛り込まれた販路開拓の案を実現するための費用に対して、補助金が交付される仕組みになっています。具体的には、新商品を製造するための機械装置の購入費用や、新規顧客を開拓するための広告費などが、補助対象経費の代表とされています。
 
 また、販路開拓による経営改善だけでなく、商工会議所から助言を受けることによって経営者の意識が変化し、それが経営改善につながっていくことも期待されているようです。
 
【参考】(中小企業庁HP)
平成26年度補正予算 小規模事業者支援パッケージ事業 小規模事業者持続化補助金 の公募を開始します
 

父親に「遺言書いて」と言えない方に……


『相続川柳』を読むとなぜ遺言を書いてみる気になるのか、解説動画をYouTubeに投稿してみました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……