東日本大震災と原発事故から4年を機に考える

また1年が経過しました。少し前から、新聞などで復興関連の記事を目にする機会が増えています。
 
この1年、個人的にはとくに大きな変化はなかったような気がします。原子力損害賠償の相談業務も依然として続いています。そして、福島での電話相談も、月に一度のペースで続けてきました。
 
20150311kibitan01 20150311kibitan02 20150311kibitan03

1年前の記事を読み返してみたところ、「復興支援を続けるのであれば、まずは自分の事務所経営を安定させないと」みたいなことを書いていました。こちらは、まだまだといった感じです。
 
ただ、まだまだといいながらも、少しずつ前には進んでいるつもりです。そして、震災からの復興についても、同じような状況なのではないかと感じることがあります。
 
先が見えないところはあるものの、復興に向けて少しずつ進んでいるのではないでしょうか。新しい問題が出てくるということは、それだけ事態が動いている証拠ともいえそうです。
 
そのようなわけで、次の1年も自分にできることをしていこうと考えています。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「なるほどね」と思ったら

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……