金融機関向けの経営改善支援マニュアルを読んでみる

なんとなく題名につられて、金融機関による経営改善支援の参考書に手を出してみました。
 
20150323bank 
 
読み始めてから、書いたのが日本政策金融公庫の中小企業事業(本部企業支援部)だとわかりました。そのようなわけで、最初のうちは「小規模事業者の支援にはあまり関係ないかな」と思ったのですが、そんなこともなかったようです。
 
そして、わりと財務以外の面も重視しているのが印象的でした。財務諸表に出てこない知的資産はもちろん、経営者の熱意なども、経営改善や返済の可能性を判断する際のポイントにしているそうです。このあたりは、事業規模が大きくなっても同じなのかもしれません。
 
また、マーケティングや生産管理に関する具体的な話などにも触れられています。生産管理はこれまであまり学ぶ機会がなかったので、なかなか興味深く読ませてもらいました。
 
企業に融資しつつ経営改善を支援する金融機関に向けて書かれた本のようですが、それ以外の人たちにもけっこう参考になるのではないでしょうか。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「そうかもね」と思ったら

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……