新年度からは営業時間を変更して休日はきちんと休む

 新年度を迎えるにあたって営業時間を変更しました。
 
 事務所を構えたときは、火曜日と木曜日を休みにして、土日は午後からにしていたはずです。しかし、火木はお客さんや同業者から連絡が入ることもあり、あまりおおっぴらに休むことはできませんでした。
 
 そこで、意外と相談希望のなかった日曜日も定休日にしてみました。
 
20150401open01

 ただ、これだとほとんど働いていないような感じになります。丸のついている部分は週に22時間だけでしたし。
 
 そうなると、けっきょくは時間外や休日にもだらだらと仕事をしてしまうことになり、公私をきちんと分けられていないのが現状でした。
 
 そのようなわけで、ある程度の営業時間を確保することによって、それ以外の部分を堂々と休んでしまうことにしました。
 
20150401open02

 まず、10時から17時だった営業時間は、9時から18時まで広げてみることにしました。そして、日曜日と土曜日の午後を休みにしています。これなら週に43時間ですので、わりと標準的なのではないでしょうか。
 
 ちなみに、日曜日に相談が入ったときなどは、木曜日を代休にする予定です。
 
 まあ、一人事務所なので留守にしていることも多いのですが、出張中などを除いて、この時間はシャッターを開けておこうと考えています。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「なるほどね」と思ったら

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……