過去の記事を読んでブログを書いている理由に気づく

前回の記事を書く前に、数年前までさかのぼって同じ時期の記事を読んでみたところ、いつも同じような内容で投稿していたことに気づきました。昨年も、「昨年の連休はどんなことを書いていたのか読んでみたところ」と書いていましたし。
 
開業してから4年が経ち、いろいろと経験して私も多少は成長したつもりでいたのですが、実際のところはたいして変わっていなかったようです。
 
……みたいなことも書いてありました。
 
そんなわけで、人間はそう簡単には変わらないようですが、あと何年か経ってもう少し状況が変わってきたときに、開業から数年くらいまでの記事を読み返して懐かしく思えるときがくるのかもしれません。
 
まあ、自分では今の状態でも、数年前の記事を読むとそれなりに懐かしさを感じることがあるのですが。
 
そう考えると、「他人に役立つ情報を発信するため」というよりも、「自分の思い出を残すため」にブログを書いているような気がします。
 
投稿数はそろそろ1,000本です。いつの間にか思い出がいっぱいになってきましたね。
 
20150506H2O

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「公開するなよ」と思ったら

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……