行政書士として千本のブログを投稿して気づいたこと

今回の投稿は記念すべき1,000本目です。
 
20150615thousand

2011年4月15日の開業から4年と2か月ですから、ちょうど50か月で達成したことになります。たまたまなのですが、なんとなく気持ちいいですね。「月に20本」という計算も簡単ですし。
 
もっとも、このサイトの開設は2012年2月なので、それ以前の投稿は旧サイトから引き継いだものです。少し前に旧サイトの閉鎖に伴って移行してきた記事などもあり、数え方が正しいのかどうかはよくわかりません。ただ、やはり一つの区切りではあるのかなと感じています。
 
記事に入れる写真の準備や画像の作成なども含めると、ブログにかけた時間は1,000時間くらいになりそうです。HP制作の時間も含めると、さらに数百時間はかけているでしょう。そこまで時間をかけてきた結果、ネット経由で受けた仕事は……車庫証明が2件です。
 
こうやって、かけてきた時間に対して稼げたお金を計算してみると、ひじょうに無駄なことをしてきたような気がして、恐ろしささえ感じます。
 
もちろん、計算するまでもなく、効果が出ていないことにはとっくに気づいていました。ブログの更新などやめてしまおうと思ったことも、これまでに何度もあります。ここまで続けてきたのは、半ば意地でしょうか。
 
そうはいっても、ブログを読んで、「こいつに仕事をさせてみるか」という気になってくれる人が出てくることを、まったく期待していないわけでもありません。ただ、共感してくれた人が、ある一本の記事をきっかけに離れてしまう恐さもあります。
 
わりと当たり障りのないことを書いているつもりですが、なにしろ1,000本もありますので、中には危ないものも混じっているでしょう。そう考えると、知的資産ならぬ「知的負債」をけっこうため込んでしまったのかもしれません。
 
まあ、そんなわけで、これからもテキトーに更新していこうかなと思っています。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「最後は投げやりだね」と思ったら

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……